あなそれ9話 小田原、麗華、涼太、美都 感想

マンションに職場、美都の不倫の誹謗中傷のビラにネットの書き込み、自業自得とはいえその醜い誹謗中傷の数々に少しばかり同情してしまいました。

自分が裏切られたにも関わらず、美都をいたわる涼太に本当はいい人なんだなと思いたかったけれど、それすら私には気持ち悪く思えてしまいました。

 

美都的には自分が悪いのにこんな状況で優しくしてくれる涼太に気持ちが揺れたのかも知れませんが、それを押しとどめて早く別れさせようとする小田原、もう下心が見え見えですよね。

 

あわよくばなどとは思っていないのでしょうが、全身で涼太の事を好きだと言っているようなものです。

涼太が居ない隙を狙って家を出る事にした美都、それを手伝いにきた小田原は遂にその本心を明かし、何かを勘づいて戻ってきた涼太に色々バレてしまうという何とも最悪な展開になってしまいました。

 

誹謗中傷の犯人が皆美だと分かり、謝罪の為に美都の職場を訪れた麗華、それは謝罪ではあるけれど、決して自分はそんな事をする人間ではないとの宣言ともとれましたが、美都を責めるでもない麗華の心の内はなかなか計り知れません。

 

しかし、家を出てしまった麗華、2組の夫婦の行方が気になります。